読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井さんの今日要

お付き合い頂いてありがとうヽ(´◡`ノ

iPhone 6 Plus でいろいろ思ったこと

Apple デザイン ICT iPhone

iPhone 6 / iPhone 6 Plus 発売

iPhone 6 / iPhone 6 Plus 発売されましたね。予約数、処理性能、サイズ、お値段などなど、史上最大だらけのiPhone で皆さんお祭りモードな初日だったと思います。

今回は見送り

これまでiPhone 3GS から欠かさず、発売日にゲットしてきた石井さんでしたが、発表段階からなぜか今回は欲しいと感じませんでした。見送るための特に決定的な理由もありませんでした。たぶん単に慢性化して飽きただけなのだと思います。

f:id:esshi:20140920002752j:plain

一応見に行った。

とはいえ、替えるならiPhone 6 Plus かなという気もあったので、Apple store NagoyaSakae に足を運んでみました。昼過ぎに行ったこともあり店内はお祭りも一段落といった雰囲気でした。なのでデモ機も待つこともなくあっさりと触ることができました。

iPhone 6 いい完成度!

まずは、iPhone 6 から。大きくなった感はありますが、5S からするとすごく自然なアップサイジングだと感じました。あまりデカくなった感もなく心地よい感じでした。各処での評判通り手に取ってみるとすごくグリップも良かったです。カメラも試しました。このレベルまでくると、下手なコンパクトカメラを買うのは野暮すぎると思うくらい良かったです。

デカイよー!

つづいてiPhone 6 Plus に移動しました。デカイ!その印象に尽きるものがありました。iPhone 6 Plus というより、iPad Half と称した方が良いのではないかと感じました。明らかに片手で使う前提ではないなというのが伝わってきます。ということで横にしてキーボードを両手で売ってみたところ、なかなかの打ちやすさでした。これなら文章作成は十分にできそうです。その他にも、画面はさすがに3倍解像度と言うこともあり超キレイでした。そして良い意味で広々と間を持ったレイアウトが見やすさを醸し出していました。

Apple Watch 登場まで待とう

発表段階からiPhone 6 Plus はApple Watch とセットでポテンシャルを発揮するんだろうなぁと思っていました。そして、今日、実際に実物を手にしてみました。その結果、この取り回しサイズなら、確実に「携帯するもの」ではなく「持参するもの」だと確信しました。見るに明らかではありましたが、普段あまりハンドバッグやカバンを持つわけでなく、ポケットに入れて持ち歩きたい人には明らかに不向きだと感じました。それと同時にApple Watch 登場までiPhone 6 Plus は入手することはない気がしました。

ファブレットというジャンル

厳密に言うと、最近の定義ではiPhone 6 Plus はスマホではありません。ファブレットというジャンルになります。

ファブレットの語は、フォン(phone)とタブレットtablet)を組み合わせた語である。おおむね、5インチオーバーモデルと7インチモデルの中間に位置するスマートフォンがファブレットと呼ばれている。
ー IT用語辞典バイナリ より

iPhone に限らず市場の流れとニーズはiPad などの10インチクラスでは大きすぎたタブレットが、iPad mini などの7インチクラスの登場へと至りました。さらにそこから一回り小さい5インチ6インチへと遷移しています。また逆に4インチでは小さく感じるようになったスマホは5インチオーバーへと遷移して来ています。そして、時間の経てファブレットサイズが落としどころとなり、これからの主流になろうとしています。

価格面でみても時代交代かも

今回は、発売日からSIM フリー版の筐体をApple から購入することもできるようになっています。仮にSIM フリー版のiPhone 6 Plus を128GBモデルで買った場合の金額は、99,800-になります。 対して、Macbook Air 11インチの一番エントリーのモデルを購入した場合は、88,800-です。ハイエンドモデルとエントリーモデルの比較ではありますが、いよいよ価格が反転するところまで来ています。 こんな観点からも、やはりこれからはファブレットの時代になるという暗示も感じられるのではないかと思います。

f:id:esshi:20140920002007j:plain

ファブレット × ウェアラブル

とはいえ、前述の通りでありますが、ファブレと端末を携帯するのは難しいところがあると言えます。そこを解決してくれるのが同時に発表されたApple Watch の役割なのでしょう。これよりも遙か1年以上前に発表されているGoogle glassAndroid 端末と連携することが前提となっています。このように、WatchやGlass といったウエアラブル端末とファブレットの連携は必然な流れであることは言うまでもありません。そしてこれらを連携することで機能を最大限に活かせるようになるのだと思います。

ここのところ、3,4年はスマホの台頭〜浸透がIT界の流れだったと思います。そしてこの先3年ぐらいは大型タブレットやノートパソコンを持ち歩く姿を見ることが少なくなり、代わりにファブレット × ウェアラブル なスタイルが台頭していくのではないかと感じています。

新型iPad の足音も

iPhone 6 Plus によって、Apple もファブレット市場に参入したことでいろいろ感じたコトを並べてみたわけですが、そう言っているうちに新型のiPad の噂も届きはじめています。ファブレットを持っておくのもよいかも知れませんが、もしかすると新型のiPadiPad Half(← iPhone 6 Plus を勝手にそう呼んでみた)でなくても良い状況にもなってくるかも知れないとも感じています。

SIM フリー化の動向ももう少し様子を見たいところですし、とりあえずはApple Watch 待ちのつもりな石井さんでした。
(...とかいって、明後日買ってたりして。